借りる・買うまでの流れ

データベースを閲覧した民間事業者から、興味のある物件に対して自治体に連絡がはいります。そこからの一般的な対応は、現地視察、協議、選定・契約となります。

迅速で臨機応変な対応とクリアな情報伝達が施設活用実現の鍵です。

自治体のみなさまへ

自治体のみなさまが保有する土地・建物などの公共不動産について、活用方針が決まらず放置されている、活用する人が見つからない、民間事業者と条件が合わない、などの課題はありませんか?公共R不動産データベースをご利用いただくと、それらの物件を無料で掲載・管理することができます。

公共R不動産がこれまでに培った知見をもとに定めた公共不動産のフォーマットを利用することで、民間事業者が不動産を検討する際に必要な情報を整理して掲載することができ、民間事業者とのマッチングが進みやすくなります。

遊休化した公共不動産はまちのお宝。ぜひその価値を多くの民間事業者に届けてマッチングにつなげるために、データベースに登録しませんか?

民間企業のみなさまへ

廃校を使って新しい事業を始めたい、公園や空き地でイベントをやってみたいなど、公共空間を使って新しいことをやってみたい方がここ数年で増えてきています。公共R不動産データベースは、全国に点在する遊休化した公共不動産情報を一度に閲覧・検索できる日本初のプラットフォームです。

これまでは物件を探そうとすると各自治体のホームページから情報を得ることしかませんでしたが、このデータベースでは、民間不動産と同じように簡単に検索して気になる物件にたどりつくことができます。

会員登録すると、詳細検索ができるようになったり、今後はオンラインでのサウンディングの実施も想定しています。まずは会員登録して、日本に眠る公共不動産情報を探してみませんか?